« November 2016 | Main

2017.01.16

●2017年未来新年会歌会メモ

発言者は複数。対象歌も複数。( )はわたしの感想です。

意味はわかるがイメージが立たない。

吉野さんの歌だから、何かある、と思って読むわけですが。
読者に入らせない一線があるんだよね。クールなところ。

この歌には、田中さんが持っている暗いエネルギーはない。

理が入る歌は好きではない。頭で操作している歌。

こういう歌は理解できないし、理解したくない。

(助詞でひねる映理子!)

岡崎さんがこういう歌を作るようになったのか、と思って読みました。

実景と想念のずれ。

詩的なところから、言葉をぐいっと自分の方に引き寄せないと、甘いままに終わる。

罵倒されなくてよかったね。

これだけだと、下の句が上の句に向かって広がっていかない。僕はそう思うけど、どうでしょうか。

本質に迫るためには、用語を採取するだけではだめ。

三句目を「にて」でつなげると、歌が単純になってしまう。

この表現は俗だと思うな。

短歌的抒情に収まってしまっている。

これだと歌が後退しちゃうんじゃないか。

言葉に実態がついていってないね。

類型的なイメージだね。

これは新しいペンを買えばいいんじゃないんですか?

助詞としての落ち着きが悪い。

歌として作りすぎ。ムードで作っている。

言葉に流動感がない。

一連10首で、ひとつのことを歌い尽くす、という意欲は感じられるが、

10首作ってみて、魅力のある5首だけを残す、という方法もあるんじゃないか。
説明的な歌が入ると、平板になる。

息子に「こ」とルビをふるのは無理。他の文字数を減らして「我が息子」と五音で言う。

一首独立としては弱いなあ。

具体をきっちり入れて、情景の描写を。

意図はわかるが、歌としてゆるい。

おもしろアイディアの歌は、リズムをもう一工夫するといい。

助詞の「に」を入れて、字余りになっても、歌の伸びやかさを優先させたほうがいい。
歌はおおらかに歌えばいい。

近代短歌の便利なところ(約束事)は利用した方がいい。

謎かけ問答の文体で強調するのはダサい。もっと茂吉的に歌えるはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2016 | Main