« May 2012 | Main | July 2012 »

2012.06.20

●最近読んだ本

●「初夜」イアン・マキューアン(新潮クレストブックス)
●「ソーラー」イアン・マキューアン(新潮クレストブックス)
●「ゆみに町ガイドブック」西崎憲(河出書房新社)
●「ミステリアス・ショーケース」デイヴィッド・ゴードン/ニック・ピゾラット/トム・フランクリン/スティーヴ・ハミルトン/ダグ・アリン
/トマス・H・クック/デイヴィッド・ベニオフ/ベス・アン・フェンリイ (ハヤカワ・ミステリ)
★「長嶋有漫画化計画」うめ/ウラモト ユウコ/衿沢 世衣子/オカヤ イヅミ/カラスヤ サトシ/河井克夫/小玉 ユキ/島崎 譲/島田 虎之介/萩尾 望都(光文社)
●「楽園のカンヴァス」原田マハ(新潮社)
●「文人悪妻」嵐山光三郎(新潮文庫)
●「「あの日」からぼくが考えている「正しさ」について」高橋源一郎(河出書房新社)
●「いまから読む斎藤茂吉」岡井隆(砂子屋書房)
●「暴行」ライアン・ディヴィッド・ヤーン/田口俊樹訳(新潮文庫)
●「誰かが足りない」宮下奈都(双葉社)
●「短歌の生命反応」高柳蕗子(北冬舎)

**********

マキューアン、やっぱりいいなぁ。好き好きマキューアン。

台風一過。会社のそばの駅前あたりが、風にとばされた木々の枝や葉っぱで、
なんだかたいへんなことになっていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.15

●今日読んだ本

●「とうへんぼくで、ばかったれ」朝倉かすみ(新潮社)

うわあ、たまげた。面白かった。

一度だけ、ちょっと話したことのある人を好きになってしまった、23歳の女の子、吉田さんの空回りっぷりったら。恋愛小説なのかと思って読み始めたら、きれいに背負い投げをくらった感じ。

歌集以外の本には、傍線ひいたりしないんだけど、傍線ひきまくりたい比喩がいっぱいでした。

出てくる人たちが、作者が作ったキャラクターじゃなくて、それぞれの体臭をもつ人間として、きっちり描かれているから、小説の中の時間を、一緒に生きてしまったような気がする。ページターナーには違いないんだけど、ひとつひとつのエピソードや、描かれる関係性に、心が立ち止まる。

面白くて、肝の焼ける小説を読みたかったら、ぜひ、読んでみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.12

●未来6月号歌稿

●贋望

●肉欲の肉がわたしをひきずつてきみをむかへに空港へゆく

●夕方のリムジンバスはすいてゐるねリムジンバスは窓大きいね

●検問があつてあたふたしてしまふ程度にはわれは人民である

●パスポートは切れたままだがもう一度つくつたとしてどこへ行かうか

●内戦で年に三万人が死ぬといふ国であなたは生きのびたまへ

●ただちには影響のないものごとはしづかに受容せざるを得ない

●空気ごと茎を炒める空芯菜きのふのうそはほんたうですか

**********

3月、久しぶりに成田空港へいったのだった。
あいかわらず、パスポートは切れたまま。
もうこの体調&体力だと、外国には行けそうもないなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

●未来5月号歌稿

●ロロ

●東京に雪降る夜の寄る辺なさここはふるさとではないらしい

●ぼくはまだ雪になれない雨のままきみのこころも殺せずにゐる

●もう平気もう大丈夫まだひとり つげる、あなたの、耳の、写真に

●漕ぎながら漕ぎながらゆく自転車の好きかきらひかひかるかどうか

●「本日はスカイブルーでございます」空は誇らかに色を塗りたり

**********

「ロロ」というのは、今年初めてみた劇団の名前。
4首目が、「ロロ」のお芝居の一場面そのままだったので、つけてみた連作タイトルなんだけど、
未来には、口口、という活字で載ってしまいました。ごめんねロロ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.08

●昨日聞いて嬉しかった話

●換気扇の下で

都立大学のカジュアルフレンチレストラン、Atzouに、久しぶりにお邪魔した。

マダムから、「本多さんのブログを見て、ここへ来られた方がいらしてね」と、いう話がちょっと感動するものだったので書いておく。

Atzouのマダムのご両親は、昔、ぐりむ館というお店を開いていて、そこの名物メニューが、カレーライス。このカレーの味をシェフが復刻して(フレンチのお店なのに)Atzouで出している。

わたしのブログを見て、Atzouにたどりついたという方は、このぐりむ館のカレーが大好きで、何とかしてもう一度食べたいと熱望され、いろいろなカレー屋さんに出向いたり、インターネットで定期的に検索したりしていたらしい。

で、ある時わたしとゆっぴぃちゃんのブログがヒットして、「こ、これは、もしかして、あのぐりむ館の⁈ 」と都立大学へ急行。(でも都立大学には各駅停車の電車しかとまらない。)
開店の30分前から、お店のまわりをぐるぐるし、換気扇の下でカレーの匂いをかぎ、開店と同時に入店し、一気に三皿、召し上がったらしい。(いくらなんでもそれは食べ過ぎでは)

黙々とカレーライスを三皿食べるお客様のただならぬようすに、マダムが「もしかして、以前ぐりむ館にいらしてくださっていたのでしょうか?」(あるいはミシュランの覆面調査員?)と問いかけたところ、わたしたちのブログがきっかけで、再び、ぐりむ館のカレーにたどり着いた、というお話。

そういえば、ぐりむ館、カレーが、検索キーワードに表示されていたことがあるよ〜、と盛り上がり、昨日も、ぐりむ館のカレーライスをいただいたのでした。ごちそうさまでした。

写真は、カレーライスではありません。
1339111864831.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »