« December 2011 | Main | February 2012 »

2012.01.10

●最近引用された歌

●パトラッシュが百匹いたら百匹につかれたよっていいたい気分(本多響乃)

2010年12月、ものすごく忙しくてたいへんだったので、
帰りの電車でtwitterに流した短歌。

この短歌(と、その後の「パトラッシュ短歌現象」)を、未来の先輩である久野はすみさんが、
短歌同人誌「遊子」18号の
【一首燦燦】というコーナーで、とりあげてくださいました。

枡野浩一さんの提唱する「かんたん短歌」では、いわゆる歌壇的な短歌では武器になりうるもの(詩的飛躍、破調、暗喩など)が、禁じ手になっていて、知恵と定型の力のみによって、ポエジーを生もうとしている、という論が興味深かったです。

*****

◆参考

【パトラッシュで短歌を詠むよ】のtogetter

【長瀬大さんのblog 短歌ウルフR】 【短考】本多響乃さんの試み「パトラッシュで短歌を詠むよ」で見えたネット短歌の最新モード

先日、ようやく生きて動く長瀬さんにお会いできたのですが、
とてもとてもかっこいい青年でありました。

*****

今は、12月にがんばった分、ちょっとだけ、のんびりモードです。はうはう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

●今日読んだ「俳コレ」(邑書林)

●松本てふこ「不健全図書〈完全版〉」より

会社やめたしやめたしやめたし落花落花

炎昼や日本共産党本部

観桜のあとあつけなく別れけり

***

なんともいえない迫力のある句がならぶ。落花の句は、日曜日の未来新年会で出た、有くんの短歌や、日経俳壇の桃心地さんの一連の震災句(と、安易にジャンルわけするのには抵抗があるのだが)と同質のもの。

おつぱいを三百並べ卒業式

も、インパクト大。この本の百句以外もたくさん読んでみたい作家。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.05

●今日読んだ「俳コレ」(邑書林)

●小野あらた「隙間」より

月光を束ねて熟るるバナナかな

種なしの葡萄の小さき種を噛む

雑煮餅具の食込んでをりにけり

***

細かいものに、視線がゆきとどいている句が多い。こういうのって、ともすれば、どれだけ些細なことを発見できるか、という勝負になりそうなものだが、不思議とそういった窮屈さや、かげりがない。

山口優夢さんが、小野さんの撰者で、論も書いておられる。で、論でひかれた句「クリームに苺のいろの染みてをり」の、クリームを練乳とされているのが、ちょっと疑問。わたしは、まずイチゴからぱくっと食べたあとのイチゴのショートケーキを想像したのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.04

●未来1月号 歌稿

●仮象/省略

●大阪でお財布なくした瞬間にとんだまゆみになりにけるかも

●めづらしく約束のある週末のひとにあふつてなんだつたつけ

●赤文字系女性雑誌の占ひにいまやわたしの生年はない

●みづうみに落としたといふ鈴のうちかなしいはうがわたしの鈴だ

●よく動く舌のあなたを見てをりぬやがてわたしに来るものとして

●シニフィエのきみは体温を抱くべしをとこにもあるといふ更年期

●血を流す代償として水曜のレディースデイは映画が安い

●牛頭馬頭のTシャツを脱ぐあなたへとふれてゆくことゆるされて地下へ

●泣くための儀式のための祭壇にTSUTAYAで借りたディスクを入れる

●見上げても見上げなくてもそこにある他人行儀なそらのあをいろ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »