« May 2009 | Main | July 2009 »

2009.06.29

●今日行った店

●南青山R

明日からハワイへ行ってしまうCボーの送別会。音楽がわんわん響いて、紫煙がたちこめて、あ〜大人の東京って感じ。行きも帰りも都バスを使うわたしはこどもって感じ。Cボーがハワイにいる間に遊びにいけるといいのだけれど。都バスの窓ガラスに雨粒が流れてる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

●今日きいたおのろけ

●「年下はいいよ〜」

話者は女子。

金曜日、検査。だんだん楽な検査になってきた。が、相変わらず長い長い待ち時間。気になっていた中華料理屋で海鮮おかゆのランチ。もう行かない。にぎわい座で喬太郎の横浜開港150周年記念創作落語。喬太郎の若いころの自作へのオマージュ的なところがききどころか。

土曜日、一ミリもからだを動かせないような頭痛にみまわれ、ジュンク堂トークショーをあきらめる。うんうんうなりながら12時間眠る。

日曜日、目白で歌会。自由題で思いがけない高得点だったのだけど、自分としては、魂のはりついていない歌だったので、複雑な気持ち。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.06.25

●最近活字になった短歌

●なげやりに暮らしているとおさいふの一円玉が増えてくるのよ

【小高賢選/特選・大島史洋選/佳作】小高評■実感がある。以前、公募短歌館を担当したときにも、本多氏の作品をよく見た。うまい作者だ。「一円玉が増え」る、という女性ならではの着眼点が、説得力をもっている。つい、なるほどなあと思ってしまう。

●平熱の低い女の人でしょう桜とよばれ咲いていたのは

【松平盟子選/秀逸】「平熱の低い女の人」という桜の擬人化がユニークで説得力があり、いささか不気味。

角川「短歌」7月号短歌公募館。

***

ウルトラ久しぶりに平日の食事会。支払いを忘れて解散。どうも酔っ払っていたもようで申し訳ない。といってもデザートに使われたリキュールで、なんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.22

●一昨日見たアラン・エイクボーン脚本の芝居

●「隣で浮気?」@劇団昴/本多劇場

荒木先生のところへ行く途中、「アラン・エイクボーン脚本」というポスターを発見。

アラン・エイクボーンの脚本作品は全部見ようと決めているので、
本当は芝居を見ている場合ではないのだけれど、当日券で入場。

「誰か出演者からのご案内ですか?」と、窓口で聞かれたのだけれど、
「たまたま通りかかって、脚本がアラン・エイクボーンだったので~」と答える。
すみません、劇団も、出演者も、全然知らなくて。

で、これがおもしろかったのです。3組の夫婦が繰り広げる、シチュエーションコメディ。
アラン・エイクボーンの脚本の魅力が、きっちり伝わってきて、しあわせしあわせ。

イギリスで上演されるときには、出演者の口調も、それぞれの生まれ育ちを背景にきちんと喋り分けられるのかしら、とか、
なんでわたしはディヴィッド・ロッジの小説や、アラン・エイクボーンの脚本の芝居が好きなんだろう、とか、つらつら考える。

見終わって、「HOW THE OTHER HALF LOVES」って、原題の意味が深くしみてくる。
空間と時間の使い方も、「おおお、演劇的!!」だったのだ。

何かにふれるとき、「そのジャンルでしかふれえないもの」にふれることができると、感動が深い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.17

●今日うわあっと思ったイベント

●サイレントシネマ*パイプオルガン@みなとみらいホール大ホール

小津安二郎監督の「大学は出たけれど」とグレタ・ガルボ主演の「肉体と悪魔」というサイレント映画に合わせて、ピーター・クラジンスキーというオルガニストが、パイプオルガンを演奏するという趣向。映画自体も魅力的なんだけど何しろパイプオルガンがすごいんだ。「私が映画に音楽をつける時は、その演奏は一回限りのものであり、二度と同じ演奏にはならないのです。」というピーターさんの演奏つきで、グレタ・ガルボのあんな顔やこんな顔を見られてよかった、よかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.15

●今日心がほっこりしたこと

●手を振られる

パン屋のカウンター席で、うんうん唸りながらラブレターを書いていたら、5歳ぐらいのブロンドの女の子に、にこにこと手を振られた。かわいいなあ。ラブレターは微妙に未完成。今日は15日なのに!

家から歩いて90秒のところに加圧式のジムができたので、通いたいなあと思ってる。でも加圧式、高いんだよね〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.14

●昨日取ったへた

●たくさん@青梅

去年は転勤ショックで青梅どころじゃなかったんだな。今年は2キロ、青梅購入。竹串でへたをとってから24時間冷凍し、果糖で1週間漬けるのだ。早く飲みたい梅ジュース。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.13

●昨日見たコクーン歌舞伎

●桜姫

夕方まで都内でセミナー。いろいろなことが発覚。むーん。午前中にも、失敗ひとつ。むむむむむん。W嬢にリカバリーしてもらう。推理力落ちてるなあ。

で、セミナーの後、「桜姫」を観劇。長塚圭史脚本で勘三郎が出る、という情報しか知らずに見に行ったら、妖精のようにかわいらしい大竹しのぶも出ていて得した気分。音楽隊が繰り返しでてくるところは自由劇場っぽい。来月は来月で、歌舞伎役者がたんと出る「桜姫」をやるらしい。串田和美がどう演出するのか、見てみたいけど、当日立見で見る体力はないよなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.11

●今日食べちゃったもの

●ドーナツ@1個

隣の部の部長に、「女子優先〜〜」といわれて「中身はオヤジでも可」だったので、いただきもののドーナツを食べる。いろんな種類があって迷ったんだけど、迷ったわりに平凡な味のやつだった。どうせ食べるんだったら(そして食べて後悔するんだったら)もっともっと濃厚なのにすればよかった。

そういえば、昨日はレディースデイでスタンプ2倍のお店にいったのに2倍にしてもらえなかった!このご時世だし、レディースデイサービスをやめちゃったんだな、と思ってランチを食べてたら、あとから入店した女子には「本日はレディースデイなので」といってたよ。あの店は、中身がオヤジだとだめらしい。

スタンプカードについては、いろいろ思うことがあるので、また書きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.09

●未来6月号 歌稿

●会議の日

●けやき通りと名づけるために植えられたけやきはいいな友達がいて

●届けたい言葉がきみにあるのなら宅急便の伝票はここ

●かろうじて腰をかけてるひじ掛けの生えることなきシンプルな椅子

●痛くないふりをつづけているうちにダウンロードは終わるのでしょう

●譜めくりがわたしの仕事会議中求められねば発言はせず

●多摩川をわたるときだけ広い空あいたいひとはあなたひとりだ

●ただいまもおかえりもわたくしがわたくしにいうわたくしの部屋

<アンソロジーで取り上げていただいた歌>

●目に蓋があって耳にはないことをたしかめたがるひとのくちびる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.08

●今日食べた果物

●アメリカンチェリー

スーパーに行ったら、青梅や氷砂糖を売っていた。道を歩くと紫陽花がそこここに。6月は意外と好きな季節かもしれない。

ポメラちゃんを持って、新システムのセミナーへ。ポメラちゃん優秀だわ。軽いし、小さいのに、キーボードはちゃんとしてて、データをPCに移すのも簡単〜。もっと早く買えばよかった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.07

●今日恋に落ちた文房具

●ポメラ@キングジム

欲しいものリストナンバーワンにずっとのせていたポメラちゃん。ゆうこりんが絶賛していたので、とうとう購入。使い始めて3分で恋に落ちました。なんでもかんでも機能を足せばいいってもんじゃないのよね。こういう引き算型発想の商品、素敵です。明日は一日かけてポメラちゃんと懇ろになるつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.05

●今日気になる作家

●DAVID GROFF

NOBODY'S CHILDという短篇がいい。1986年頃の作品。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.04

●今日書いておく食べ物メモ

●あられ・せんべい・かきもち@九段一口坂 御あられ処さかぐち 他への出店及び販売は一切なし

●チョコレート入りマシュマロ@石村萬盛堂

ゆかりむすび川瀬

天草特産かりん糖(ちりめんじゃこ入り)

* * *

うえから3つは、舞台の時にいただいたもの。

ゆかりむすびは、アルミホイルにつつまれた小さなおむすびに、それぞれ、具の名前が書いてあるのだけれど、その中のひとつに「浦里」という名前。

「浦里」といえば、
新内「明烏夢泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)」に出てくる遊女の名前なので、
おおお、わざわざ、演目にちなんだおむすびを仕出ししてもらえるのか、すごいなぁ、と思いつつ、ちょっと調べてみたら、昆布の加工品の名前みたい。 そういえば、昆布のおむすびでした。

かりん糖は、会社の後輩ちゃんの帰省土産。
うまうま~。

今日食べた、「景気上昇最中」というのもこしあんにあまみがぎゅんぎゅん詰まってておいしかったです。ここんちの「仮名手本忠臣蔵 味ごのみ」も気になるわ。ちゃんと忠臣蔵の十二段それぞれに対応してる!「切腹最中」のアイディアといい、知恵者がいらっしゃるもよう。

ラーメン屋さんでサービスの杏仁豆腐も食べちゃったよ。これが想定外にうまかったよ。

* * *

官足法が気になる。
ひみつの油も気になる。
定額給付金で、とあるものを衝動買い。
固定資産税がちょっとさがってて嬉しい。

食費を節約する方法を考えて実行中。
簡単で、おもしろいぐらいに節約できるんだよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.03

●このあいだ食べたドイツ焼き菓子

ジーゲスクランツ

昼を食べそこねつつ、モニターしなければいけないことがあって、オフィスも出られず、
なんか腹のたしになるものはないじゃろかー、とお菓子置き場をのぞいてみたら、
これがあって、なんとかサバイブしたのだった。

しっとりしっとり。うまうま。カロリー高そうだけど。このページにでているインスブルグの抹茶とフルーツをむしゃむしゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.01

●今日見た映画

●お買い物中毒な私!

すごい邦題で、シネコンのカウンターで題名をいうのが恥ずかしかったなり。優しい女友達、温かいパパとママ、パーフェクトな美人でかつ意地悪な恋のライバル、不気味なストーカー(?)、冴えないファッションの上司、ヒロインを買い物へと誘惑する動くマネキンたち、といろいろでてくるなかで、やっぱり主役はキレイなドレスたちでしょう。それにしても、スカンジナビアンは●なのか。アメリカ人には共通のスカンジナビアン観なのかなあ。謎であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »