« July 2008 | Main | September 2008 »

2008.08.31

●今日したこと

●クレーム処理/○○さんと手をつないで歩く/プチ看護/場内アナウンス/集金/ど忘れ/カラオケで「まちぶせ」

「若いのに有能」という評判がたちそうになるが、実年齢はすぐ発表するたちのため、評判立ち消えの巻。カラオケでは麻生汁を浴びる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.08.30

●今日数えたお金

●うん百万円

大金を扱うのは気疲れするにゃ。貴重な話はほとんど聞けなかったなり。さすが今年は縁の下の力持ちYearだわな。でも最後は21歳の可愛いコと相合い傘ができたからトータル丸儲け、と日記は書いておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.25

●今朝見た夢

●よぼよぼの老婆になったわたしが、地下鉄に乗ろうと思って、地上口から地下に降りようとするのだが、あとからあとから白い夏服の女子高生がわらわら階段の幅いっぱいになって上ってきて、わたしは全然下へ降りていけず、ようやく降りられたと思ったら、地下鉄ではなく、どこかの高校にまぎれこんでしまい、「あんたたち、尺貫法を知っとるかね。尺貫法もしらんくせに」と、高校生たちに文句をたれていた。

3日前の夢には、柿本人麻呂が登場。○ちゃんは最近すっかりご無沙汰です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.23

●今日届いたしあわせ

●15個

桃源郷箱崎出荷組合、というダンボールの名前に萌え。黄金桃というネーミングもいいよねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.21

●今日しみじみ読んだ本

●「しずかにわたすこがねのゆびわ」干刈あがた(福武文庫)

1988年に買った本を引っ張りだして(たぶん)再読。1988年のわたしは、この小説を、ちゃんと受け止めていたのかしら。ここのところ、代理母問題を真剣に考えていたので、このタイミングでこの小説を手にとった自分の勘を誉めてあげたい。
悩めるF2ちゃんの夏休み課題図書にぴったりなんだけど、干刈あがたの本はもう絶版なのかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.20

●今日とってもとっても嬉しかったこと

●謎がとけた!!

OLになってから、二十年以上ずっと謎だった文具の謎がとけました。他社からいただく書類をとじるのにたまに使われていて、なんとなく机の引き出しにたまりがちだった、ダブルクリップのつまむところがない形状のもの。手でこじ開けて再利用しようとしても開かないし、でもなんとなく捨てるには惜しいような、アレです、アレ。これは「ガチャ玉」という名前で、「ガチャ玉」を装填する文具が「ガチャック」。「ガチャック」さえあれば、「ガチャ玉」は何回も使えるんですね〜。

「ガチャック」のメーカーさんは、もっともっと「何度も繰り返し使えるガチャック」のPRをするといいと思います。日本全国の昭和の娘の引き出しには、なんとなく捨てられないままの「ガチャ玉」がたくさんたまっていると思う。(使っている会社の人には、常識かもしれないんだけど、うちの会社のほとんどの人は、「ガチャ玉」は見たことがあっても「ガチャック」を知らなかった。たまたま文具棚の整理をしていたら、「ガチャック」を発見したので、いろんな人に利用方法を聞いてまわったのです。)

いやあ、二十年来の謎がとけるって、気持ちいいですね。あなたの机に捨てられない「ガチャ玉」があったら、わたくしがいただきますよ。

ななおさんの「気になる〜」は、次回お会いしたときに!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.17

●今日考えること

●××をやるから■■■■になるのか、■■■■だから××をやるのか

相乗効果なのかしらねぇ。まあわたしは■■■■だけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.08.16

●今日陥った事態

●サルトル

怪しいのは、ブランチに食べたこじゃれたカフェのサンドイッチ。おやつにいただいたスイカをサルトルしたのが悔やまれる。今夏最初で最後のスイカだったのに。

朝からびっくり寿ニュースが届いて腰が抜ける。今年はありとあらゆる友人知人が結婚しまくる年みたいだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.15

●今日立てる夏休みの計画

ジュリアン・オビー展@水戸芸術館現代美術センターへ行く

実行可能性27%。屋久島へいく体力と金力はなくても、水戸ぐらいなら行ける、はずなんだけど気力がなぁ。持病が微妙に悪化してる気がしないでもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.13

●今日届かなかったもの

●年金とくべつ便とかゆーの

会社で配られた確認書類の中に、わたしの分だけがなかったんだよ。宇宙人だっていうのがバレたのか。前の会社で、苗字の下の漢字が間違って登録されていたからか。大好きな人から来た年賀状の苗字が間違っていて、ものすごくブルーになった百万年前のお正月を思い出す。毎月くるレストランからの案内メールと狂言のDMも漢字が違っていて、その度になんともいえないどんよりした気持ちになる。でも、社会人になってからの給与明細はすべてとってあるから、何があっても大丈夫。こういう時、独身主義者は強いのではなかろうか。最近、●●桶と●●●桶がいっぱいになっちゃって気持ち悪い。■■の誘惑にかられている。H嬢がからだを震わせて、涙をぽたぽた落としていた場所をわたしたちは忘れない。

●十二年前のぼくらを乗せたまままわりつづける大観覧車

| | Comments (0) | TrackBack (0)

●昨日印象に残った絵

●「世界中の子と友達になれる」松井冬子@横浜美術館

ひゅううんとたましいを吸い込まれる。何度も何度もこの絵の前に戻ってしまう。別のセクションでは、ちあきなおみの「喝采」がエンドレスでリピートされていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.11

●未来 8月号歌稿

●空洞は広がらずただ長くなる 天気雨だが穿たれている

●木の眠るころに根元に埋めてきたもう今生で使わない熱

●冷静であるかもしれず生姜入り和風スープを選ぶわたしは

●鋭くはない痛みしかもう感知できないのです星の雨降る

●こころから好きな作家の新作に誤字をみつけたような違和感

●二冊ずつ詩集を買って贈り合う恋人というひとはいません

●ひかり浴びながら君から遠ざかるキャッチャー・イン・ザ・ライってこんな話だったっけ

●花を打つ雨になりたいもう一度水に生まれてくるものとして

●本降りになってしまって一本の傘ではつらいふたりでしたね

●はがされたあとのシールの台紙ってこんな気持ちかなあさようなら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.08

●昨日もらった愛の言葉

●あなたのマエガタが好きです

神宮外苑の花火を見ながら告白されました。ふふふ。

今年は特等席で二回も花火を見られて、幸せな夏だなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.06

●今日参加した会

●恒例!夏のホルモン祭

恒例だけど5年ぶりぐらいの開催。わいわいがやがや、油と煙にまみれながら楽しく食事。親分、ごちそうさまでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.05

●最近読んだ本

●「実録武侠伝」海音寺潮五郎(文春文庫)
●「街場の中国論」内田樹(ミシマ社)
●「街場のアメリカ論」内田樹(NTT出版)
●「下流志向 学ばない子どもだち 働かない若者たち」内田樹(講談社)
●「ぼくは落ち着きがない」長嶋有(光文社)
●「古城ホテル」ジェニファー・イーガン/子安亜弥訳(ランダムハウス講談社)
●「17歳のための世界と日本の見方 セイゴオ先生の人間文化講義」松岡正剛(春秋社)
●「牡丹燈籠・怪談乳房榎」三遊亭円朝(ちくま文庫)
●「日本古代文学入門」三浦祐之(幻冬舎)
●「女女格差」橘木俊詔(東洋経済新報社)
●「赤めだか」立川談春(扶桑社)
●「ナイフ投げ師」スティーヴン・ミルハウザー/柴田元幸訳(白水社)
●「「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55」古市幸雄(マガジンハウス)
●「「朝30分」を続けなさい!人生勝利へのスピード倍増!朝勉強のススメ」古市幸雄(アスコム)
●「芸人失格」松野大介(幻冬舎文庫)
●「万葉集の<われ>」佐々木幸綱(角川選書)
●「金閣寺」三島由紀夫(新潮文庫)
●「銀座に生きる」鈴木真砂女(角川文庫クラシックス)

うっかり今夜もフカヒレを食べてしまいました。ますますお肌がぷるぷるになっちゃうわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.01

●今日ランチを食べた店

●サルシッチャ!デリ@中目黒

家のポストに入っていたチラシの写真がとってもおいしそうで、ずっと狙っていたお店。
サルシッチャ(=イタリア式ソーセージ)2本とパニーノ(=塩なしトスカーナパン)2個のセットのランチ。お米のサラダと豆のサラダ、デザート(黒ゴマムースとバニラのアイスクリーム)がついてお腹いっぱいの950円。ランチタイムには150円になる自家製フルーツビネガードリンクもおいしくいただきました。サーブにちょっと時間がかかるので、会社の昼休み時間にきていたOLさんたちは、デザートまでたどりつけずに焦ってました。持ち帰りにしてたけどね。オーバー40の胃袋だと、パニーノは1個でもいい感じ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »