« December 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.28

●今日聞いた香木

●今日聞いた香木
●伽羅と沈香

松栄堂・青山香房で、聞香(もんこう)と空薫(そらだき)を体験。華やかで甘い伽羅とすうっとする落ち着きのある沈香。同じ伽羅でも、木一本一本に個性があって香が違うのね。嗅覚から異世界へトリップした贅沢な50分でした。ちょっと入りにくい店構えですが、予約なしで体験させてもらえます。写真は聞香炉と並火道具一式。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.20

●今日話したテーマ

●雨夜の品定め

●敬老モテ

●ヤスコ先生は、ラ・フランスである

喋りすぎて喉が痛いよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.19

●今日届いた連絡

●サクラチル

あああ、がっかり。この花、初めから咲くことはないだろうと思ってはいたものの、やっぱりがっかりしちゃうんだなあ。コイバナじゃなくて仕事の話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.17

●今日告知する蟹カニ大パーティ

●2007年2月23日(金)19:00-@外苑前

参加希望の方は、
フルネーム(本名でも筆名でも:参加者名簿用)
職業(会社名、業種などさしつかえのない範囲で:参加者名簿用)
携帯電話番号&携帯メールアドレス(緊急連絡用)

最近読んだ本のおすすめを1冊(書名&著者名)
もしくは、
自作短歌の代表作

を、わたしの【携帯アドレス】まで送ってください。

XXXXXXXX@mb.infoweb.ne.jpのメールアドレスは見てません。
XXXXXXXX部分をご存知の方は、@以下、t.vodafone.ne.jpにしていただければ届きます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.01.15

●今日おすすめするお店

麓屋@青山

蕎麦キュイジーヌ(!)のお店。クレヨンハウスのそばにあります。
ランチタイムが長いのと、隠れ家っぽい立地なので、(土)(日)のゆったりランチにおすすめ。

日本茶カフェ慶茶@銀座松坂屋

いつでも(?)わりとすいていて、穴場なのだ。みんなもヒミツにしておいて。(笑)

縁賀和@渋谷

大人向けの店が少ない渋谷で、この店は貴重。
夜は5,000円のコースで、40代以上ならおなかいっぱいになります。
飲む人3人、飲まない人1人で、一人あたま8,000円ぐらいでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.14

●昨日ひっぱりだした服

●ほぼ20年前の

計算してみて、ちょっとくらくら。物持ちがいいというか、このジャンルに興味がないというか。

バブリーな時代に、自分でデザインして作ってもらった宝飾品を複数の人に誉められていい気になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.07

●今日活字になった短歌

●いろいろと話し足りないことがあり恋に落ちたのかなあ 柊

日経歌壇/岡井隆選

落語聞いて、仕事して、火鍋食べて、コーヒー飲んで、ひたすらおしゃべり。若男子と元若男子と若女子のエキスを大量に摂取。

●「みんなのきくろう」@お江戸日本橋亭

左吉 金明竹
小きち 初天神
菊朗 尻餅
さん喬 天狗裁き
ニューマリオネット
菊朗 花見の仇討

「みんなのきくろう」最終回は大入り満員。いよいよ、真打ですね。はうう、なんだか勝手に感無量。今年は応援している人たちや、身近な大切な人たちに、慶びごとの多い一年になりそうで楽しみです。わたしもいろいろ変化の年になる予感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.06

●未来 1月号歌稿

●ぷちぷちでくるんでみてもぷちぷちをつぶしてみてもとてもさびしい

●体内の水に記憶が宿りだすだんだんさようならへ近づく

●真珠ごとねぶられている耳たぶをいまはわたしのものと感じる

●実線できみを愛したはずなのに浮かびはじめるうすい点線

●誰からも求められない個体にも緑に光るスイッチはある

・・・・・・・・・

12月号は、欠詠でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.04

●最近読んだ本と漫画

●「ゆるいカーブ」加藤千恵(スリーエーネットワーク)
●「女の生き方シリーズ」河井克夫(青林工藝舎)
●「ゆうぐれアーモンド」内田かずひろ(集英社)
●「ファニー・ヒル」ジョン・クレランド(河出文庫)
●「クリスチーナZ」河井克夫(青林工藝舎)
●「インテリジェンス 武器なき戦争」手嶋龍一/佐藤優(幻冬舎新書)
●「快適生活研究」金井美恵子(朝日新聞社)※2回
●「権太楼の大落語論」柳家権太楼・聞き手塚越孝(彩流社)
●「安徳天皇漂海記」宇月原晴明(中央公論新社)
●「新編 軟弱者の言い分」小谷野敦(ちくま文庫)
●「タンノイのエジンバラ」長嶋有(文春文庫)
●「猛スピードで母は」長嶋有(文春文庫)
●「夏の終わり」瀬戸内寂聴(新潮文庫)
●「幽界森娘異聞」笙野頼子(講談社文庫)
年末年始は、プチひきこもり状態でひたすら読書。がっつり太ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »