« ●今日詠んだ短歌【夢】 | Main | ●最近読んだ本 »

2004.12.13

●今日詠んだ短歌【夢】&現代文学会雑感

●コロコロと転がりやすい夢がまだココロのふちにひっかかってる (本多響乃)

現代文学会(岡井隆VS枡野浩一)で、おもしろかったのはこんな発言。
<>内はわたしの感想です。敬称略で、失礼しますの。発言の順番も違いますの。
伊勢谷さん
落葉さん
のページもごらんになってくださいね。
わたしのより、ずっと参考になると思います。

・一時期、自分の中に「短歌を取り戻すキャンペーン」をやっていた(枡野)<ほほう>

・自作を朗読するのは恥ずかしい(岡井)<岡井隆でも恥ずかしいのかー>

・短歌は魔女性があるからねぇ(岡井)<あるある!>

・(歌壇の)すみっこにいるつもりなのに、なかなかすみっこにならないねぇ(岡井)<そりゃー、ならないだろう>

・(短歌というよりも)現代詩の文脈の中で岡井隆は読まれてきた(枡野)<ふーん、そうなんだ>

・俵万智の赤ちゃんの歌(=101首/角川書店の「短歌」2004年6月号に一挙掲載されたもの)は、
あんまりうまくいかなかったねぇ(岡井)
<ふうん。わたしはそこそこおもしろく読んだ。あまり印象に残る作品はなかったけど。>

・「てのり」と「ドレミ」には、あえて「短歌らしい短歌」(角川短歌賞に応募したものの中から)ははずして収録した。
本自体にも、あえて枡野浩一の個人的な情報はいれなかった。
(帯をはずしてしまうと、誰が書いたものなのか、わからなくなるぐらいに)(枡野)<そうだったのかー>

・キャラクターを設定して歌を詠む林あまり(←メディア側からの要求もある)VS自分自身の物語を背負って歌を詠む俵万智(岡井&枡野)

・もう少し嘘つきになろうと思う(枡野)

・インターネットで短歌の投稿を受け付けているが、応募できる条件(=パソコンがあって、blogがつかえること)にハードルがあるので、若くて頭のいい人、そこそこ短歌の上手な人が多い。以前やっていた、漫画雑誌(←キューティですね)の投稿作品にくらべると、突出したおもしろさは少ないかも(枡野)

・斉藤斎藤さんの「あらすじ短歌」についての質問の流れから

・あらすじ短歌的な事実を詠みこんだ朴訥な作品と、表現やレトリック、文体にこだわった作品の両方から、新聞歌壇はとっている(ぼくの場合)
・枡野スタイルの作品を、ぼくはとっているよ。それが(新聞を)読んでいる人にとって
おもしろいかどうかはわからないけど(以上岡井)

ぎゃー、最後のは、わたしのことか?????
と、いささか自意識過剰になりつつ、退場しましたの。(笑)

橋本治の方法に準じて、「ええ~~~」と、あきれておけばよかった(異議申立てしておけばよかった)という
枡野さんの発言も印象に残ったし、「バーカバーカ」もキーワードですね。

いずれにしても、この対談、活字にしてください。
あそこにいた人たちだけしか味わえないのは、もったいなさすぎる。

掲載媒体は、角川書店の「短歌」希望。
枡野さんが、最高点で落選したときの、「角川短歌賞」審査員評も再掲したら、
おもしろいとおもいます。

(短歌ヴァーサスでもいいんですけど、それだとなんだか予定調和的~)

「あらあら、岡井先生が、対談なさったのねぇ」という、
カルチャーセンターで短歌を勉強しているようなおばさま方と、
「あ、これかあ。こんな雑誌あったんだ!」というトラックバックタンカーの両方が、
読める媒体のほうが、おもしろいと思うのであります。

(「こんな雑誌」よばわりしてすみません。
でも、わたしが友達に自分の短歌がのった「短歌」をみせるとみんなそういうんだもーん。
っていうか、ふつうは知らないよね)


|

« ●今日詠んだ短歌【夢】 | Main | ●最近読んだ本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27276/2260070

Listed below are links to weblogs that reference ●今日詠んだ短歌【夢】&現代文学会雑感:

» 【書名】 上司は思いつきでものを言う [PukiWiki/TrackBack 0.1]
[一覧] 書籍一覧 【書誌目次情報】上司は思いつきでものを言う [集英社 2004/04/21] この本の要約 † ↑関連... [Read More]

Tracked on 2004.12.15 at 01:37 AM

« ●今日詠んだ短歌【夢】 | Main | ●最近読んだ本 »