« ●今日詠んだ短歌【恋】&【その他10首】 | Main | ●今日へこんだこと »

2004.11.11

●「かんたん短歌blog」マーケティング試論その4

●毎週投稿しているのに、なかなかマスノ教祖さまからコメントをもらえないとお嘆
きのみなさまへ
 (本多響乃)

短歌を詠まないTちゃんから、今日もメールが届きました。
ご本人の許可を得て、転載。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>短歌の世界でマーケティング?にあてはめて書くなんて、、着眼点が・・・
>ということと、当然といえば当然のことだけれども
>「傾向と対策」というのはどこの世界にもあるのね、という点に驚いた。
>
(中略)
>
>社会人というものに漠然としたイメージしかもってない人には響くであろうと。
>(って社会人の私ですら、マーケティングかよっ、そうくるかっ、
>と大人オーラにやられました・・・ばか・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tちゃん、鋭いです。
マーケティング、のあとの「?」が。(笑)

マーケティング、というより、営業マン心得、みたいになってきたし。
また、茸子さんが指摘してくれたように、
「お嘆きのみなさまへ」と、いいながら、
自分自身の短歌観を整理している部分があります。
(それが大部分なのかもしれない。)

あと、タームが揺れてますね。すみません、基本的に書きなぐりなので。
時間があったら、手を入れます。(これがblogのいいところ)
主語と述語がねじれてるところや改行がおかしいところもいくつかありましたが。

でも、続けます。

<16>

情報収集は、セールスセクションの人間に与えられた、
たいせつな仕事のひとつです。

<17>

同業他社は、どんな新製品を開発しているのか。
市場で好まれている製品は、どういった新機能をもっているのか。
これから新製品を投入するのであれば、どんなマーケットが期待できるのか。

<18>

収集すべき情報は、たくさんありますが、ここでは
「同業他社は、どんな新製品を開発しているのか」という点に絞って
話をすすめます。

<19>

「かんたん短歌blog」が、他の「新聞歌壇」や「短歌専門誌」
あるいは、さまざまな短歌のコンテストと異なっている、
最大のポイントはどこでしょう。

<20>

同業他社の鉛筆が、すべての業者に、開示されている、というところです。

<21>

通常は、納入を希望している業者は、鉛筆の見本を納品した時点で、
同業他社の商品見本を見ることはできません。
購買決定がすべて済んでから、「今回は、この鉛筆を購入します」という、
結果をみることができるだけです。

<22>

このとき、自社製品の納品が決定すれば、問題はありません。

<23>

が、出しても出しても、他社製品しか購買してもらえない場合。

たしかに、A社の鉛筆は、自社が納品した見本より、素晴らしい。
(ような気がする)
コンペに負けてもしかたない。
(ような気がする)

でも、うちの会社の製品も、いい線いってると思うんだけどなぁ。ぶつぶつぶつ。
と、すごすご肩を落として会社に戻ることになります。

<24>

あなたの上司は
「またダメだったのか。で、次はどうする?戦略はあるのか?」と、
肩を落としたままのあなたに、問いかけます。

どんより、です。

<25>

製造セクションは、
「なんであんなにいい製品が、売れないんだ。
おれたちは、最高の鉛筆をつくったんだぜ。
売れないのは、お前の営業能力が低いからじゃないか」と、詰め寄るかもしれません。

(あ、なんか、わたしの現実と、若干かぶってきました。)

でも、自社製品についてと、
購買が決定された、ほんのわずかな鉛筆についてしか、
あなたが握っている情報はないのです。

しどろもどろになるのも、無理はありません。

(ああ、さらに、わたしの現実と、かぶってきました。)

<26>

「かんたん短歌blog」納入業者の場合はどうでしょう。

<27>

すべての商品見本を、いち、業者であるあなたも、
見ることができるのです。すごいことです。

<28>

コメントをもらえた歌と、もらえなかった歌。
コメントをもらえた人の、コメントをもらえた歌と、もらえなかった歌。

<29>

それらをつぶさに見ていくことによって、
上司に責められても、製造セクションにつきあげられても
自社製品に足りないもの、や、
これから自社製品がめざすべきもの、が、だんだんと見えてくるのではないでしょう
か。

そして、それをうまく他者に説明できるようになったとき、
あなたは「情報収集能力のある、将来見こみのある営業マン」として、
あなたの会社のエリートコースにのることができるのです。

<30>

また、あなた自身が、
購買担当者となった時のことを想定してみるのも、ひとつの方法です。

<31>

これは、「新聞歌壇」や「短歌雑誌」や「短歌コンテスト」では、
ぜったいに出来ません。

<32>

自分が、購買担当者だったら、どれを購入し、どれをはずすか。
これはあなたの美意識(といって、きつかったら、好み)を認識することに
つながりますね。

<33>

これは、実際に、あみーさんが、
ご自分の掲示板で、行っておられますので、ぜひ、チェックしてみてください。
http://hidebbs.net/bbs/ammy

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長っ。

本当は、もっと、あぶない原稿を用意していたのですが、
今日は、穏便に。

いやー、どうしちゃったんでしょうね、わたし。

あの、基本的には、スーパーで、買い物をしている若い学生サンに、
「あんた、ちょっと、そのリンゴ腐ってるわよ。
こっちにしなさいよ」と、おせっかいをやいてるオバちゃん、みたいに、
とらえていただければ、よろしいかと・・・。

年取ると、血中おせっかい濃度って、あがるみたいですの。

あ、あと、異論、反論、「生意気いってんじゃねーよ」等々、
良識ある範囲内での罵詈雑言、ございましたら、どうぞどうぞ。

|

« ●今日詠んだ短歌【恋】&【その他10首】 | Main | ●今日へこんだこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27276/1936027

Listed below are links to weblogs that reference ●「かんたん短歌blog」マーケティング試論その4:

» 響乃さんへの感想 [猫のように純情]
響乃さんの「かんたん短歌blogマーケティング試論」を読んでいるのです。 毎週投稿しているのにコメントをもらえないとお嘆きのみなさまへ宛てた 「どうしたらマスノ... [Read More]

Tracked on 2004.11.12 at 12:24 AM

« ●今日詠んだ短歌【恋】&【その他10首】 | Main | ●今日へこんだこと »