« June 2004 | Main | August 2004 »

2004.07.31

●最近読んだ本

●「THE HUNDRED SECRET SENSES」 AMY TAN (P.399)
●「If Morning Ever Comes」ANNE TYLER (P.245)
●「How Stella Get Her Groove Back」T.マクミラン(P.445)
●「HIGHLAND VELVET」J.デブロー(P.359)
●「<不良>のための文章術」永江朗(NHKブックス)
●「偶然の祝福」小川洋子(角川文庫)
●「短歌があるじゃないか」穂村弘・東直子・沢田康彦(角川書店)
●「死の仕立屋」B・オベール(ハヤカワ文庫)
●「ライフサイクルの経済学」橘木俊詔(ちくま新書)
●「<快楽消費>する社会」堀内圭子(中公新書)
●「コミュニケーション論」後藤将之(中公新書)

ページ数を書いたのは、今年は3,650ページ以上
洋書を読もうと、突然思い立ったため。
現在達成率、39.6%。

今日は、ベストセラーになっている「ダ・ヴィンチコード」も
(USA版よりページ数が多かった)UK版で購入。ちょっと姑息だ。

エイミ・タン、秋に新作が出るらしい。楽しみ。

小川洋子、いいなぁ。
BやHBじゃなくて、Hの鉛筆で描かれた世界。

永江朗の文章術は、
豊崎由美がライター養成講座でいっていた話と通じるものがあって、
なるほど、と思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再来週から、毎週月曜日、横浜本社へ通うことに。
帰りは各駅停車の電車にして、
のんびり本を読むことにしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、油断すると「HERE I A~M」と、すぐトルコの歌姫になってしまう。
キャッチーなメロディと、
粘っこい声質。
でも、そこしか歌えないんだけどさ。
(このあいだは夢の中でも歌っていて驚いた)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.28

●今日食べたパン

●PAUL

東京駅の地下街にも、PAULがあってびっくり。今週の昼はPAULのパンで生きのびる予定が、水曜日ではやくも食べ尽くしてしまったなり。

今日は味噌滋の会副会長と、会議室でランチをしていたら、A社のOさん登場。二人の味噌滋オーラに気圧されたのか、早々に退場。
副会長から「こんな相談をうけたんだけど、どう思う?」ともちかけられた話題は、とても妙ちくりんで、でも切実。欲しい人は欲しいんだよね、きっと。
・・・・・・・・・・
中島らも逝去。
うーん。

Nさんも亡くなったらしいと聞いて、いろいろ思う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.25

●今日たどった観光コース

●目黒庭園美術館⇒汐留⇒月島

移転後、初めていった「とんき」の二階は、普通の家のダイニングみたいで、アップライトのピアノやらゴルフバッグやらを視界にいれつつ、一口カツ。

庭園美術館では、ロシア絵本展。

月島でもんじゃ焼き。
・・・・・・・・・・
昨日は、若い男の子に、活字になった短歌について、ミもフタもない解釈をされてちょっとへこむ。ま、いいんですけどね。

写真は、カレッタ汐留の辻利の抹茶ソフトクリーム。040725_1715.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.07.20

●今日聞いた「船徳」

●春風亭昇太

最近、昔昔亭桃太郎をなにげに追っかけているのだが、今日もおもしろかったなあ。

昇太の「船徳」も、若旦那の愛らしさ全開ビームって感じ。

■湾岸に高層ビルが立ち過ぎて地球の悲鳴のごとき灼熱

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.18

●今日見てもらった手相

●男前線

友達の友達に、占い鑑定をしてもらう。性格はどんぴしゃり。
今年はけじめをつけて、来年の「新しいわたし」に備えるといいらしい。

おまけで見てもらった手相には「男前線」があるそうで、なんでもきっちり自分で決めてすすんでいくようだ。マンションも買っちゃったしねぇ。(笑)
でも、わたしの最近のガールフレンズには、みんな「男前線」がでているような気がするにゃん。

・・・・・・・・・・
川柳川柳のマラゲーニャ。★有楽町駅前の謎の肩たたき集団。(地味目のファッションの婦女子が4人連なって肩をたたいていた。)★「ちゃきちゃきのヒップホッパー」←日比谷線できいた言葉。★とげのささった右手の人差し指。★引越願望。★今日もボツだった日経歌壇。★蕎麦屋の社長に認定された「有名な@@さん」。★動物のお医者さんは寒空はだかを知っていた。★★以上、最近気になったことやら、なんやかや。

写真はえりちゃんと一緒に買った日焼け止めスプレー。使いやすくてよかったなり。効果のほどはもともと地黒なので、よくわかりませんが。040714_1943.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.16

●昨日食べた名物メニュー

●ラードごはん

表参道シスターズと三茶の才女と、豚しゃぶ三昧。締めに、この店の名物料理をおそるおそる注文。

ピンポン玉大のラードを温かいごはんの上にのせてまぜ、醤油ベースのたれもまぜて、もぐもぐもぐ。かなりくどい味かと思いきや、それほどでもなく、ぺろっとたいらげる。

あれだけ食べて、一人3,000円ちょっとっていうのは、コストパフォーマンス、いいですねぇ。

しまなみ街道、劇団四季、ダムセンサー、愛媛のお坊さん、表参道最新いい店情報、鍵のついた日記帳、大河ドラマのタイトルバック、マツケンサンバ、ラテンエアロ、酒井順子、上京組、二人姉妹とは、リッキー・マーティンなどなどなど話題はつきず。

食べ過ぎ笑い過ぎ喋り過ぎ、の一夜。

写真右下の丸いのがラード。040715_2121.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.13

●今日思う世間

●狭っ!!

いつもお世話になっているO編集長の息子さんが、うちの会社と関係があるところに就職したらしい、と伺ったので、その会社の担当者に聞いてみたらどんぴしゃり。
いやはや世間は狭いものです。そして「爽やか成分」は父から息子へしっかり遺伝していたのでありました。

・・・・・・・・・・

かなり久々に「英語読めるモード」に突入したので、未読の洋書を片付けていく。
といっても、電車の中で読んでると外人に話し掛けられてしまったりして面倒くさいのだなあ。
おいらは読めるけど、喋られへんねん。

加歳とともに、めったに突入できなくなったこのモードを逃さないようにしたいんだけど。
いつまでつづくかのう。

・・・・・・・・・・

たくさんの友達を得るきっかけになった掲示板が、とうとう閉鎖されたことを知る。

過去ログは、まめな参加者がCDRに焼いてくれたのがあるけれど、
あの場所にはたくさん決意表明や、弱音や、夢や妄想を吐いたからなあ。

ネット上の故郷が、ひとつ消えたような感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.07.11

●今日行った選挙

●参議院選挙

受付が込み合っていて、少し待たされる。
「では、次のお客様はこちらにどうぞ」と言われて、なんだか変な感じ。権利を行使するために来たのに、お客様呼ばわりってねぇ。違和感ありあり。

表参道の、りえちゃんの会へ。小学校二年生のBFをゲット。折り紙や、エイリアンのキャラ設定をひとしきり。パワフルなまみさんのつくるクロックムッシュでランチ。

画像は昨日食べたトマトのジュレ。形容詞が見つからないぐらい美味しくて感激。ジャズシンガーやら、XX助手やら、おそるべき京都人脈の一端をかいまみる。040710_2051.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.06

●今日発見した老化現象

【白髪@一本】

るんるん朝シャンをしていたら、抜け毛の中に白髪が一本。
白髪もゴ○○○といっしょで、
一本あったら、十本あると思ったほうがいいのでしょうか。

昔、美人のおばちゃん(←残念ながら血縁関係はない)の白髪を抜いて
おこづかいを貰ったなぁ、そーいえば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

氷見うどんが、とてもおいしくて、ラッキー。
細麺だからすぐゆであがるし、
のどごしがいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のプチ贅沢が、
「枝豆納豆」。
一日一個、これを食べないと、生きていけないカラダになってしまった。
もう「おかめ納豆」には、戻れないわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

権太楼一門会へ。

「井戸の茶碗」の正直者の清兵衛さんが、
だだをこねる(というか逆ギレ?する)ところで大爆笑。
退場時、
赤いTシャツの権太楼師匠に、握手してもらえばよかったなー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「浪人街」は「厩火事」だったのだけれど、
ゼイディ・スミスの「直筆商の哀しみ」の中の「ローマ法王とラビの長に関するジョ
ーク」が、
「蒟蒻問答」だったのには、びっくりした。
(って、ほとんどの方には意味不明ですね)

久しぶりに新潮クレスト・ブックスを買ったのだが、
同時代の海外文学を読む喜びがあって、おもしろい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.01

●きのう学んだ動詞

【リピる】

ともだちに教えてもらったコスメ情報のサイトで、
数多くの婦女子が使っていた動詞。

気に入ったコスメをリピート購入することを、どうも「リピる」というらしい。
おもしろいなぁ。

昼休みは、コスメ情報誌「VOCE」をはじめて熟読。
こんなにいい紙で、分厚い雑誌が、この値段で発売されているということは、
ものすごい広告収入のもとに成り立っているわけで、
そのための広告宣伝費は、
婦女子がリピしている化粧品の売価にインクルードされているわけで。
(無理やり使ってみたよ<リピる)

この「VOCE」もいただきもの。
わたしはこの手の雑誌、自分では買いません。

ばりばりの肌は、「ばりば」ぐらいにまでなってきたものの、
鼻のよこっちょにニキビができて、いたがゆい~~~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

横浜で送別会。
ひさしぶりに本社の人達とコミュニケーション。
いやはやなんともはらほろひれはれ。
そーか、そーか、そーだったのかー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »